TrekGEO > 鉱物を歩こう > 産状と生成過程 > 中温熱水鉱床

English page

中温熱水鉱床

化学過程(液相成長) - 地中開放系

別名

中温熱水鉱脈鉱床, 中熱水性鉱床, メソサーマル鉱床

指標鉱物

黄銅鉱, 方鉛鉱, 閃亜鉛鉱, 黄鉄鉱

生成に必要な地質環境

カルデラ複合岩体

付随する変質帯

南石-明礬石帯, 高温珪化帯, イライト-緑泥石帯

産状

火山性島弧などに見られる酸性 (流紋岩)から中性 (デイサイト, 安山岩)のマグマ活動によるカルデラ複合岩体などの火山起源の200-300度の熱水により生成した鉱脈型の鉱床。 熱水の起源はマグマからのマグマ水やその熱源により循環した天水および海水。 典型的に見られる元素は、Cu, Pb, Zn, As。鉱床の母岩は、火山噴出物または火山の基盤岩。 鉱物組み合わせは、陸上火山、海底火山および熱水の循環する母岩によって変化する。 深部は中高温熱水鉱床、浅部は低温熱水鉱床熱水金銀鉱床に移行する場合がある。

中温熱水鉱床

このサイトに記載のある中温熱水鉱床の分布。 緑点は砒素を含まない鉱床、赤点は砒素を含む鉱床。黄線は火山フロントの分布。

鉱物組み合わせ (鉱石)

黄銅鉱, 黄鉄鉱, 方鉛鉱, 閃亜鉛鉱, 硫砒鉄鉱

鉱物組み合わせ (脈石)

石英, 菱マンガン鉱, 方解石, 苦灰石, 菱鉄鉱, 重晶石, カオリナイト

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.