TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東北地方 > 秋田県 > 荒川鉱山

English page

荒川鉱山(あらかわこうざん)

秋田県(あきたけん)大仙市(だいせんし)協和荒川(きょうわあらかわ)

産状

中温熱水鉱床

光沢層中部の中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の中ノ又山デイサイト部層の活動に伴い、 中新世前期(2300万年前, 23 Ma)の北ノ又層および光沢層下部に生成された中温熱水鉱床。 北ノ又層は、安山岩、安山岩質火砕岩および溶結凝灰岩からなる浅海性の堆積物で、 基盤の白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)の太平山深成岩-変成岩複合岩体を不整合で覆う。 光沢層は北ノ又層を整合で覆い、下部は砂泥互層よりなる。 中ノ又山デイサイト部層には、馬場目鉱山などの黒鉱鉱床がみられる。 堆積年代は微化石、深成岩の年代は黒雲母のK-Ar放射年代による。

荒川鉱山

左側に坑道(観光坑道)、その手前の広場は、旧手選鉱所跡、右に見える施設は浮遊選鉱所。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 石英(脈石) - シャモス石 - 黄銅鉱 - 閃亜鉛鉱

概要

主力は、銅。現在は、観光施設となっている。

沿革

  • 1700年(元禄13年): 鉱床が発見される。
  • 1738年(元文3年) - 1743(寛保3年): 佐竹藩が採掘。
  • 1872年(明治4年): 物部長元が採掘を開始、以降所有者が転々とする。
  • 1940年(昭和19年): 休山。

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.