TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 石川県 > 高見鉱山

English page

高見鉱山(たかみこうざん)

石川県(いしかわけん)小松市(こまつし)五国寺町(ごこうじまち)

別名

五国寺鉱山(ごこうじこうざん)

産状

中温熱水鉱床

八尾層群の中新世前期(1700万年前, 17 Ma)の岩稲層中に見られる銅-鉛-亜鉛の中温熱水鉱床。 岩稲層は安山岩溶岩および安山岩質火山砕屑岩からなり、陸成相から海成相の流紋岩溶岩および流紋岩質火砕岩からなる 中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の医王山層に整合に覆われる。医王山層は湖成相の堆積物を伴い、中新世のカルデラ起源かもしれない。 岩稲層および医王山層、日本海拡大に伴う島弧の火山活動により形成された。 火山岩の年代はK-Ar放射年代およびジルコンのフィッショントラック年代による。

高見鉱山

岩稲層の安山岩質凝灰岩中の銅-鉛-亜鉛の鉱脈の露頭。 中央上から下にむかって帯状にくぼんだ部分が鉱脈。 その左右は、淡褐色の安山岩質凝灰岩。鉱脈は、方鉛鉱や閃亜鉛鉱が多く含まれた石英脈。 鉱脈の周囲の凝灰岩には特に変化はみられない。

産出鉱物

  • 白鉛鉱
  • 硫酸鉛鉱
  • ブロシャン銅鉱
  • 閃亜鉛鉱
  • 黄銅鉱
  • 黄鉄鉱
  • 方鉛鉱
  • 紫水晶

鉱物組み合わせ

  • 石英(脈石) - 方鉛鉱 - 白鉛鉱
  • 石英(脈石) - 黄銅鉱 - 黄鉄鉱

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.