TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東北地方 > 秋田県 > 亀山盛鉱山

English page

亀山盛鉱山(きさんもりこうざん)

秋田県(あきたけん)大仙市(だいせんし)協和船岡(きょうわふなおか)

別名

亀山森鉱山, きさもりこうざん

産状

中温熱水鉱床

光沢層中部の中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の中ノ又山デイサイト部層の活動に伴い、 中新世前期(2300万年前, 23 Ma)の北ノ又層および光沢層下部に生成された中温熱水鉱床。 北ノ又層は、安山岩、安山岩質火砕岩および溶結凝灰岩からなる浅海性の堆積物で、 基盤の白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)の太平山深成岩-変成岩複合岩体を不整合で覆う。 光沢層は北ノ又層を整合で覆い、下部は砂泥互層よりなる。 中ノ又山デイサイト部層には、馬場目鉱山などの黒鉱鉱床がみられる。 堆積年代は微化石、深成岩の年代は黒雲母のK-Ar放射年代による。

鉱山名は、この鉱山の鉱山技師の若林弥一朗の1901年の報告で、「きさんもり」となっている。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 石英(脈石) - 黄銅鉱 - 方鉛鉱
  • 孔雀石 - 藍銅鉱
  • ブロシャン銅鉱 - 青鉛鉱
  • 珪孔雀石 - レッドヒル石
  • 緑鉛鉱 - ツメブ石
  • 緑鉛鉱 - ヒンスダル石 - 尾去沢石
  • 緑鉛鉱 - ヒンスダル石 - ビーバー石
  • 燐酸塩(緑鉛鉱) => 燐酸塩+硫酸塩(ヒンスダル石) => 硫酸塩(尾去沢石+ビーバー石)の順に生成している。

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.