TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 長野県 > 龍島鉱山

English page

龍島鉱山(りゅうしまこうざん)

長野県(ながのけん)松本市(まつもとし)安曇(あづみ)

産状

中温熱水鉱床

白亜紀古世(1億4000万年前, 140 Ma)の島々ユニットに見られる 白亜紀新世(6900万年前, 69 Ma)の奈川花崗岩を熱源としたマンガンを主とする中温熱水鉱床。 島々ユニットは、丹波-美濃-足尾付加コンプレックスの金山ユニットに相当する。 奈川花崗岩はS型(チタン鉄鉱系列)で、花崗岩までの距離は約2.5km。 堆積年代は放散虫化石、花崗岩の年代はK-Ar放射年代による。

龍島鉱山

島々ユニットの粘板岩中に見られる網目状のクトナホラ石の鉱脈露頭。 ピンク色の網目状の部分が塊状のクトナホラ石で、空隙には結晶もみられる。 黒い母岩は粘板岩で、多少珪化しているようにも見える。 左上や右上の、やや褐かかった黒い表面の皮膜は、風化により生成した軟マンガン鉱。

産出鉱物

  • クトナホラ石
  • 軟マンガン鉱
  • 黄鉄鉱
  • 閃亜鉛鉱
  • 方鉛鉱

鉱物組み合わせ

  • クトナホラ石 - 軟マンガン鉱
  • クトナホラ石 - 閃亜鉛鉱 - 方鉛鉱 - 黄鉄鉱

沿革

  • 1899年(明治32年): 土地の人、深沢某が鉱床を発見。
  • 1921年(大正10年): 大阪の天野某が採掘。
  • 1927年(昭和2年): 月産10-50tで採掘を再開。

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.