TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 万珠鉱山

English page

万珠鉱山(まんじゅこうざん)

栃木県(とちぎけん)塩谷郡(しおやぐん)塩谷町(しおやまち)下寺島(しもてらしま)

別名

啓国鉱山 (けいこくこうざん)

産状

中温熱水鉱床

暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)の奥日光流紋岩類を不整合で覆う 風見山田層の中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の玉生溶結凝灰岩部層の流紋岩岩脈に伴う中温熱水鉱床。 玉生溶結凝灰岩部層は浅海性の堆積物で、大谷層に不整合で覆われる。 年代は微化石およびジルコンのフィッショントラック年代による。

万珠鉱山

溶結凝灰岩中の紫水晶脈の露頭。 周囲の紫かかった白い母岩は、風見山田層の玉生溶結凝灰岩部層の溶結凝灰岩。 その中を淡紫色の紫水晶の脈が、大量の淡黄色の粘土を伴って見えている。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 紫水晶(脈石) - モットラム石 - パリゴルスキー石
  • 石英(脈石) - 閃亜鉛鉱
  • 石英(脈石) - 氷長石

沿革

  • 1750年ごろ: 鉱床を発見、採掘。
  • 1900年ごろ: 数回採掘される。
  • 岡田源吉が、珪石を採掘。
  • 1964年(昭和39年): 金の採掘を再開。鉱石は北に隣接する玉船鉱山で精錬した。
  • 1965年(昭和40年): 日産110 t 採掘。

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.