TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 静岡県 > 寝姿山

English page

寝姿山(ねすがたやま)

静岡県(しずおかけん)下田市(しもだし)

別名

万蔵山(まんぞうやま)

産状

中温熱水鉱床

中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の白浜層群に貫入した中新世中頃(1300万年前, 13 Ma)の 湯ヶ島層群の流紋岩中の中温熱水鉱床。 この流紋岩は、50-70%程度のカリ長石を含み、6-8%のK2Oを含むカリウム鉱石として採掘されたことがある。 年代は微化石による。

寝姿山

二酸化マンガンの熱水鉱脈を伴う湯ヶ島層群の流紋岩の露頭。 母岩は流紋岩で、細かい赤鉄鉱を含むため紫色かかって見える。灰黒色の脈はラムスデル鉱よりなる。 ラムスデル鉱の脈と流紋岩の境界部に黒色の薄い層があるが、これは軟マンガン鉱。 ラムスデル鉱の脈は、角礫化した流紋岩の隙間を埋めたように見える。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • ラムスデル鉱 - 軟マンガン鉱

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.