TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東北地方 > 秋田県 > シャモス石

English page

シャモス石 Chamosite

荒川鉱山

秋田県大仙市協和荒川

シャモス石

幅5mm。石英に付着するシャモス石。 板状結晶の放射状集合からなる灰緑色のぶどう状集合がシャモス石。 表面は明灰色だが、内側は暗緑色になっている。 底面に平行な(001)のへき開がわかる。 白色半透明のベースは脈石の石英

おそらくカルデラの火山活動に伴うデイサイトにより安山岩質火砕岩中に生成した中温熱水鉱床の石英脈の空隙より。 中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の生成。

この産地のシャモス石は、1916年(大正5年)に緑泥石として初めて記載され、初めての日本産のシャモス石として1941年(昭和16年)に報告された。

別産地の例

  • 荒川鉱山 (熱水, ぶどう状)
  • 銅蔵鉱山 (熱水, 土状)
Copyright (c) 2017 NariNari, All Rights Reserved.