TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 引田鉱山

English page

引田鉱山(ひきだこうざん)

栃木県(とちぎけん)鹿沼市(かぬまし)引田(ひきだ)

別名

曳田鉱山

産状

中高温熱水鉱床

中温熱水鉱床。おそらく、ジュラ紀新世(1億4500万年前, 145 Ma)の黒保根-桐生ユニットを不整合で覆う 奥日光流紋岩類の暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)の溶結凝灰岩に伴って生成したもので、 黒保根-桐生ユニットの頁岩中の鉱脈として見られる。 カオリナイトと菱鉄鉱の組み合わせが見られ、中性からアルカリの条件の熱水から生成したと考えられる。 黒保根-桐生ユニットは、付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の金山ユニットに相当する。 堆積年代は放散虫化石、溶結凝灰岩はK-Ar放射年代による。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 石英(脈石) - 方鉛鉱 - 閃亜鉛鉱 - 黄鉄鉱
  • 石英(脈石) - カオリナイト - 菱鉄鉱

概要

本坑、岩花坑などが知られる。

沿革

  • 1938年(昭和13年): 採掘開始。
  • 1945年(昭和20年): 休山。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.