TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 群馬県 > 萩平鉱山

English page

萩平鉱山(はぎだいらこうざん)

群馬県(ぐんまけん)みどり市東町(あずまちょう)小中(こなか)

産状

角閃石ホルンフェルス相の層状マンガン鉱床

後期 ジュラ紀 (1億4500万年前, 145 Ma)の黒保根-桐生ユニットに含まれる 後期 三畳紀 から前期 ジュラ紀 (2億2000万年-1億7500万年前, 220-175 Ma)のチャートブロック中の層状マンガン鉱床。 沢入花崗閃緑岩により角閃石ホルンフェルス相の接触変成を受けるとともに、W, Te, Biなどが供給されている。 鉱床付近の粘板岩は菫青石ホルンフェルスに変化している。 黒保根-桐生ユニットは、付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の金山ユニットに相当する。 沢入花崗閃緑岩はS型(チタン鉄鉱系列)で、後期 白亜紀 (9000万年前, 90 Ma)の貫入。 熱源の沢入花崗閃緑岩までの距離は約3km。堆積年代は放散虫化石、花崗閃緑岩の年代は黒雲母のK-ArまたはAr-Ar放射年代による。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • テフロ石 - アレガニー石 - 菱マンガン鉱 - 緑マンガン鉱 - 閃マンガン鉱
  • バラ輝石 - パイロクスマンガン石 - 満ばん石榴石 - 石英
  • バラ輝石 - 満ばん石榴石 - パイロファン石 - マンガン重石 - 閃亜鉛鉱

沿革

  • 1895年(明治28年): 村人の坂本某が鉱床を発見、二酸化マンガンを採掘。
  • 1951年(昭和26年): 珪酸マンガン鉱の採掘を開始。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.