TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 大芦鉱山

English page

大芦鉱山(おおあしこうざん)

栃木県(とちぎけん)鹿沼市(かぬまし)草久(くさぎゅう)

産状

角閃石ホルンフェルス相の層状マンガン鉱床

ジュラ紀新世(1億4500万年前, 145 Ma)の黒保根-桐生ユニットに含まれる 三畳紀新世からジュラ紀古世(2億2000万年-1億7500万年前, 220-175 Ma)のチャートブロック中の層状マンガン鉱床。 鹿入花崗閃緑岩により角閃石ホルンフェルス相の接触変成を受け、鉱床付近の粘板岩は菫青石ホルンフェルスに変化している。 黒保根-桐生ユニットは、付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の金山ユニットに相当する。 鹿入花崗閃緑岩はS型(チタン鉄鉱系列)で、白亜紀新世(8300万年前, 83 Ma)の貫入。 熱源の鹿入花崗閃緑岩までの距離は約1km。 堆積年代は放散虫化石、花崗岩の年代は黒雲母のK-Ar放射年代による。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • バラ輝石 - マンガノカミントン閃石 - 満ばん石榴石
  • バラ輝石 - 石英 - ヘルバイト
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.