TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 山梨県 > 大菩薩峠

English page

大菩薩峠(だいぼさつとうげ)

山梨県(やまなしけん)甲州市(こうしゅうし)塩山(えんざん)

産状

褐簾石-モナズ石タイプの希元素型ペグマタイト

四万十付加コンプレックスの小仏層群の暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)の小菅ユニットと それに貫入した中新世新世(1000万年前, 10 Ma)の徳和花崗岩の境界付近に見られるペグマタイト。 ペグマタイトは花崗岩中の他、小菅ユニットが変成したホルンフェルス中にも脈状にみられる。 I型花崗である徳和花崗岩の中心部は磁鉄鉱系列だが、この産地のように泥質岩に接している部分ではチタン鉄鉱系列になっている。 これは泥質岩によってマグマが還元されたためと考えられている。 この産地の小菅ユニットは、徳和花崗岩により曹長石緑簾石ホルンフェルス相の接触変成を受けている。 堆積年代は放散虫化石とイノセラムス化石、花崗岩の年代は黒雲母と全岩のK-Ar放射年代による。

大菩薩峠

徳和花崗岩中のペグマタイトの露頭。 写真の白い部分はすべてペグマタイトで、母岩のホルンフェルスは見えていない。白く見えているのは、長石と石英。 有色鉱物は、黒雲母とセリウム褐簾石だけだが、共存しないようだ。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 石英 - 長石 - 黒雲母
  • 石英 - 長石 - セリウム褐簾石
Copyright (c) 2014 NariNari, All Rights Reserved.