TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 長野県 > 山吹沢

English page

山吹沢(やまぶきさわ)

長野県(ながのけん)諏訪郡(すわぐん)下諏訪町(しもすわまち)東町中(ひがしまちなか)

産状

緑色片岩相の変成岩

後期 白亜紀 (7000万年前, 70 Ma)の高圧型の三波川変成作用により緑色片岩相の広域変成を受けた 後期 ジュラ紀 (1億5000万年前, 150 Ma)から前期 白亜紀 (1億3000万年前)の付加コンプレックスに含まれる凝灰岩 に伴われる小規模な赤鉄鉱鉱床。前期 暁新世 (6500万年前, 65 Ma)には地表近くにあったと考えられている。 中期 中新世 (1500万年前, 15 Ma)の花崗岩により多少接触変成を受けている。 花崗岩はI型(磁鉄鉱系列)で、花崗岩までの距離は約200m。 変成年代は白雲母のK-Ar放射年代による。

山吹沢

戦時中に小規模に赤鉄鉱を採掘した坑道。緑色片岩中に、赤鉄鉱が濃集した部分が見られる。 坑道の壁面は、すべて三波川変成岩の緑色片岩。

産出鉱物

  • 赤鉄鉱

鉱物組み合わせ

  • 緑色片岩(母岩) - 赤鉄鉱

沿革

  • 1965年(昭和40年): 鉄資源として赤鉄鉱を採掘。
Copyright (c) 2013 NariNari, All Rights Reserved.