TrekGEO > 日本の地質を歩こう > 新成紀と第四紀の堆積物

English page

新成紀と第四紀の堆積物

概略

ユーラシア大陸の東縁に海洋プレートの沈み込みに伴い形成された島弧に見られる新成紀(新第三紀)より若い堆積物。 背弧海盆である日本海形成以降の堆積物で、主に前弧海盆と背弧海盆の堆積物からなる。特に中新世には背弧海盆形成時のリフト帯に 堆積物が火山岩類と共に厚く堆積し、それらの堆積物の特長的な色からグリーンタルフ帯と呼ばれることもある。

新成紀と第四紀の堆積物

青: 第四紀、赤: 新成紀。 付加コンプレックスや深成岩からなる島弧の基盤の上を、新成紀と第四紀の堆積物が不整合で覆っている。

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.