TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 静岡県 > 天正鉱山

English page

天正鉱山(てんしょうこうざん)

静岡県(しずおかけん)伊豆市(いずし)土肥(とい)

別名

天正金山(てんしょうきんざん)

産状

熱水金銀鉱床

中新世後期(750万年前, 7.5 Ma)の湯ヶ島層群の安山岩質と玄武岩質の火砕岩に見られる 低温熱水金銀鉱床。母岩の火砕岩はカルクアルカリ系列からソレアイト系列で、プロピライト化変質を強く受けている。 湯ヶ島層群は、白浜層群により不整合で覆われる。 火山岩の年代は、K-Ar放射年代およびジルコンのフィッショントラック年代による。

天正鉱山

含金石英脈を伴う湯ヶ島層群の安山岩質凝灰岩の露頭。 垂直に何本か見られる白色脈が、金を含む石英脈。 明灰色の母岩は、プロピライト化した安山岩質凝灰岩。

産出鉱物

  • 氷長石
  • 針銀鉱

鉱物組み合わせ

  • 石英(脈石) - 氷長石 - 金
  • 石英(脈石) - 針銀鉱 - 銀

沿革

  • 750年ごろ: 砂金が採取された。
  • 1577年(天正5年): 天正鉱山が開坑。
  • 1625年(寛永2年): 休止。
  • 1854年(嘉永7年): 安政東海地震により埋没。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.