TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 鹿沼

English page

鹿沼(かぬま)

栃木県(とちぎけん)鹿沼市(かぬまし)下石川(しもいしかわ)

産状

続成作用を受けた堆積岩

関東ローム層の宝木ローム層中の更新世後期(3.2万年前, 32 ka)の赤城鹿沼軽石層 (Ag-KP)の軽石が風化して変質したもの。 赤城鹿沼軽石層は、赤城火山の山頂火口の北側から噴出した軽石層で、層厚は約1m。 赤城鹿沼軽石層は、厚さ約1mの赤褐色の宝木ローム層に覆われる。 赤城鹿沼軽石層は、赤城火山の東方に太平洋岸まで広く分布し、特徴的なオレンジ色から良い鍵層となっている。

鹿沼

赤城鹿沼軽石層 (Ag-KP)の露頭。 オレンジ色の5mm前後の軽石が堆積しているがわかる。 湿っている状態ではオレンジ色だが、乾いた状態では淡褐色になっているのに注意。 この軽石は、採掘され、鹿沼土の名称で盆栽用に販売されている。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 芋子石 - アロフェン
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.