TrekGEO > 鉱物を歩こう > 産状と生成過程 > 高温沸石相

English page

高温沸石相

化学過程(固相成長) - 埋没変成作用(低温低圧)

関連: 低温珪化帯, 混合層鉱物帯, 輝沸石-方沸石帯

別名

後期続成作用

指標鉱物

輝沸石, 方沸石

生成に必要な地質環境

付加体

産状

100-200度、0.3 GPa (10 kmの深さ)以下の埋没変成、広域変成または接触変成により生成した変成岩。 続成作用と変成作用の境界に見られる。 変成作用と続成作用の境界は、イライト結晶度(illite crystallinity)が0.42、ビトリナイト反射率が2.0を目安とした定義もある。 この場合、境界の温度は200度で、低温沸石相と高温沸石相は続成作用に含まれる。

高温沸石相

このサイトに記載のある沸石相の変成を受けた変成岩の分布。 青点の源岩は層状マンガン鉱床、緑点の源岩は火成岩や堆積岩。 黄色は、付加体の分布。

鉱物組み合わせの変化

  • [ 消失 ] 束沸石, モルデン沸石, 菱沸石, モンモリロン石, スメクタイト
  • [ 出現 ] 輝沸石, 方沸石, カオリナイト, イライト/スメクタイト

鉱物組み合わせ

  • [ 珪長質岩 ] イライト/スメクタイト, セラドン石, 石英, (方解石)
  • [ 苦鉄質岩 ] イライト/スメクタイト, 輝沸石, 方沸石, (方解石)
  • [ 超苦鉄質岩 ] 蛇紋石 (クリソタイル, リザード石)
  • [ 泥岩 ] イライト/スメクタイト, 石英, カオリナイト, 方解石
  • [ ラテライト ]
  • [ 層状マンガン ] カリオピライト, ブラウン鉱/ハウスマン鉱, バラ輝石, パイロクスマンガン石, 満ばん柘榴石, 菱マンガン鉱
  • [ 炭酸塩岩 ] 方解石/苦灰石, 石英
Copyright (c) 2014 NariNari, All Rights Reserved.