TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 御所ノ入鉱山

English page

御所ノ入鉱山(ごしょのいりこうざん)

栃木県(とちぎけん)佐野市(さのし)山形町(やまがたちょう)

別名

五所入鉱山(ごしょのいりこうざん)

産状

層状マンガン鉱床 (続成)

堆積後ほとんど変成を受けず、組成や堆積構造を良く残す層状マンガン鉱床。 ジュラ紀古世(1億8千万年前, 180 Ma)の大間々ユニットに含まれるペルム紀南ウラル世(2億8千万年前, 280 Ma)の層状チャート中に見られる。 大間々ユニットは付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の舟伏山ユニットに相当する。堆積年代は放散虫化石による。

御所ノ入鉱山

大間々ユニットの層状チャートの表面に見られる二酸化マンガンの露頭。 左下にちょっと見えている明茶色の部分が、母岩のチャート。それを覆う黒い皮膜が二酸化マンガンで、鍾乳状に集合している。 表面を覆う白い部分や灰緑色の部分は、コケなどの地衣類。

産出鉱物

  • 二酸化マンガン

鉱物組み合わせ

  • 石英 - 二酸化マンガン
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.