TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 両崖山

English page

両崖山(りょうがいさん)

栃木県(とちぎけん)足利市(あしかがし)

産状

層状マンガン鉱床 (続成)

ジュラ紀古世(1億8千万年前, 180 Ma)の大間々ユニットに含まれるペルム紀南ウラル世(2億8千万年前, 280 Ma)の 数m程度の層状チャートブロックの表面に見られる、堆積後ほとんど変成を受けていないマンガンノジュール。 大間々ユニットは付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の舟伏山ユニットに相当する。堆積年代は放散虫化石による。

両崖山

大間々ユニットの層状チャートのブロックに伴うマンガンノジュールの露頭。 たくさん見える黒いノジュールがマンガンノジュール。やや茶色の母岩はチャート。 大洋底でみられるマンガンノジュールと形状および産状が同一。 化学組成は、現世の大洋底に見られるコバルトに富むマンガンクラストに似ている。

産出鉱物

  • 二酸化マンガン

鉱物組み合わせ

  • チャート(母岩) - 二酸化マンガン
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.