TrekGEO > 鉱物を歩こう > 産状と生成過程 > 砂岩型ウラン鉱床

English page

砂岩型ウラン鉱床

化学過程 (水溶液-岩石反応) - 地表 (天水)

生成に必要な地質環境

新成紀と第四紀の堆積物

産状

河川成の砂岩や礫岩、特にアルコース砂岩の中に見られるウラン鉱床。 古生代のデボン紀(400 Ma)から現在の間に生成している。一般に層状で、母岩中に有機物や黄鉄鉱が多くみられる。 地層中に含まれる植物化石起源の有機物が地層を還元的雰囲気にし、地下水中の溶存ウランを還元して地層に沈殿させると考えられている。 日本の鉱床は、古河川系のチャンネル基底部を埋める透水性の良い堆積物中の鉱床で、亜炭などの植物片を多く伴う。

鉱物組み合わせ

人形石, ピッチブレンド(閃ウラン鉱), コフィン石, 黄鉄鉱

Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.