TrekGEO > 鉱物を歩こう > 産状と生成過程 > 不整合関連型ウラン鉱床

English page

不整合関連型ウラン鉱床

化学過程 (水溶液-岩石反応) - 地表 (天水)

生成に必要な地質環境

旧成紀以前の堆積物

産状

河川成砂岩を不整合に覆う堆積岩を母岩とするウラン鉱床。 鉱床の形成は1300-1600 Maの原生代で、不整合形成ののち50-250 Myと考えられている。 鉱床の形態は塊状、層状であることが多く、赤鉄鉱、セリサイト、方解石、苦灰石、カオリナイトといった変質鉱物を伴うことがある。 U3O8で0.2-1.5 %と、比較的高品位である。 続成作用で生じた酸化的な水が基盤岩中の石墨と反応してメタンが発生、 このメタンを多く含む熱水と酸化的でウランを多く含む水が反応してウラン鉱物が沈殿したと考えられている。

鉱物組み合わせ

閃ウラン鉱 (ピッチブレンド), コフィン石

Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.