TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 福井県 > 中竜鉱山

English page

中竜鉱山(なかたつこうざん)

福井県(ふくいけん)大野市(おおのし)上大納(かみおおのう)

別名

大平鉱山(おおひらこうざん), 仙翁鉱山(せんのうこうざん), 深坂鉱山(みさかこうざん)

産状

中温熱水スカルン鉱床

飛騨変成帯中の藤倉谷層の石炭紀ミシシッピ亜紀古世(3億5000万年前, 350 Ma)の石灰岩が、 三畳紀新世(2億2000万年前, 220 Ma)の船津花崗岩による接触変成を受けることで生成したスカルン。 スカルンに伴う中温熱水鉱床は白亜紀新世(6600万年前, 66 Ma)の石英斑岩岩脈により形成され、 また仙翁鉱床の船津花崗岩中にモリブデンを伴う始新世前期(5400万年前, 54 Ma)の高温熱水鉱床が形成されている。 飛騨変成帯は、揚子地塊と中朝地塊の衝突によって生成した変成帯。 飛騨変成帯の岩石は、オルドビス紀から石炭紀(4億5000万年-3億年前, 450-300 Ma)の中圧型の飛騨変成作用により グラニュライト相の広域変成を受け、 三畳紀中世(2億4000万年前, 240 Ma)に緑簾石角閃岩相の変成を受けた後、 三畳紀新世(2億2000万年前, 220 Ma)に船津花崗岩による緑色片岩相の変成を受けている。 船津花崗岩と石英斑岩岩脈は、I型(磁鉄鉱系列)。 硫化物鉱床は、石英斑岩岩脈と接している。 石灰岩の年代は珊瑚化石、変成年代はK-ArおよびRb-Sr放射年代、花崗岩の年代はTh-Pb年代とSHRIMP年代、鉱床の年代はK-Ar放射年代による。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 方解石 - 珪灰石
  • 石英 - 輝水鉛鉱
  • 褐鉄鉱 - 異極鉱 - モリブデン鉛鉱
  • 閃亜鉛鉱 - 硫カドミウム鉱

概要

主力は、銅、鉛、亜鉛。仙翁谷方面の大平鉱山、仙翁鉱山、および藤倉谷の深坂鉱山を統合して、中竜鉱山となった。

沿革

  • 1250年(寛元年間): 中山鉱床、人形鉱床、南仙翁鉱床を発見。
  • 1868年(明治元年): 農民の谷口和三郎が再発見、のちに中村と竜田(たつた)が中竜鉱山と改名して共同経営。
  • 1894年(明治27年): 銀の採掘を開始。
  • 1895年(明治28年): 休山。
  • 1904年(明治37年): 深沢鉱山の名称で亜鉛の採掘を開始。
  • 1934年(昭和9年): 日本亜鉛工業(株)が商業採掘。
  • 1944年(昭和19年): 休山。
  • 1951年(昭和26年): 再開(日産150 t)。
  • 1956年(昭和31年): 赤岩鉱床発見。
  • 1987年(昭和62年): 円高にともない休止。
Copyright (c) 2013 NariNari, All Rights Reserved.