TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 岐阜県 > 天生鉱山

English page

天生鉱山(あもうこうざん)

岐阜県(ぎふけん)飛騨市(ひだし)河合町(かわいちょう)天生(あもう)

産状

低圧グラニュライト相の中圧型変成岩

オルドビス紀新世から石炭紀(4億5000万年-3億年前, 450-300 Ma)の中圧型の飛騨変成作用により グラニュライト相の広域変成を受けた飛騨変成帯中の片麻岩に伴う石墨鉱床。 飛騨変成帯は、揚子地塊と中朝地塊のの衝突によって生成した変成帯。 三畳紀中世(2億4000万年前, 240 Ma)に緑簾石角閃岩相の変成を受けた後、 三畳紀新世(2億2000万年前, 220 Ma)にI型(磁鉄鉱系列)の船津花崗岩による緑色片岩相の変成を受けている。 変成年代はK-ArおよびRb-Sr放射年代、花崗岩の年代はTh-Pb年代とSHRIMP年代による。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 石英 - 長石 - 石墨

産出量(1951年頃)

  • 石墨: 15 t/月

沿革

  • 1892年(明治25年): 矢島某が鉱床を発見。
  • 1897年(明治30年): 日産7-8 tで採掘を開始。
  • 1916年(大正5年): 休山。
  • 1921年(大正10年): 元田与之助が採掘を再開。
  • 1949年(昭和24年): 選鉱場が完成。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.