TrekGEO > 鉱物を歩こう > 近畿地方 > 和歌山県 > 太地海岸

English page

太地海岸(たいじかいがん)

和歌山県(わかやまけん)東牟婁郡(ひがしむろぐん)太地町(たいじちょう)太地(たいじ)

産状

中温熱水鉱床の海水酸化帯

熊野層群の上部層である中新世前期(1700万年前, 17 Ma)の下里累層の泥岩に みられる熊野流紋岩類(熊野酸性岩類)に伴う弧状岩脈の1部である中新世中頃(1400万年前, 14 Ma)の石英斑岩に伴う中温熱水鉱床の海水酸化帯。 熊野層群は、半深海から浅海性の堆積物。 熊野流紋岩類は、中新世の熊野カルデラからの火砕流堆積物と考えられている。 堆積年代は微化石、火成岩は黒雲母のK-Ar放射年代とジルコンのフィッショントラック年代による。

太海海岸

下里累層の泥岩中に見られる中温熱水鉱床の海水酸化帯の露頭。 コインの上の緑色の部分がパラアタカマ石の脈。黒色の母岩は泥岩で、褐色の部分は鉱床中のFeの酸化による褐鉄鉱。 泥岩中の熱水鉱床に含まれる黄銅鉱が 海水の塩素と反応することで、塩素を含む二次鉱物であるパラアタカマ石が生成している。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • パラアタカマ石

産地

  • 太海海岸 (銅鉱床の海水酸化帯)
  • 双子島 (銅鉱床の海岸酸化帯帯)

関連する産状

Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.