TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 群馬県 > 川場鉱山

English page

川場鉱山(かわばこうざん)

群馬県(ぐんまけん)利根郡(とねぐん)川場村(かわばむら)谷地(やち)

別名

鉱石山(こうせきやま)

産状

I型(磁鉄鉱系列)のスカルン

上越帯の川場変成岩に貫入した前期 暁新世 (6500万年前, 65 Ma)の赤倉谷花崗岩に伴うスカルン。 赤倉谷花崗岩はI型(磁鉄鉱系列)で、熱源の赤倉谷花崗岩までの距離は約1.5km。 石灰岩は川場変成岩の一部で、川場変成岩の原岩はおそらくペルム紀以前の付加コンプレックス。 川場変成岩は、ペルム紀, シスウラリアン (2億9000万年前, 290 Ma)に緑色片岩相の変成を受けている。 川場変成岩は、北部の水無川変成岩とともに西南日本の石炭紀の蓮華変成帯に対比されている。 花崗岩の年代はK-Ar放射年代による。

川場鉱山

川場変成岩中の柘榴石スカルンの露頭。ほとんど灰鉄柘榴石よりなり、少量の緑簾石を伴う。 また石英脈に伴いヘスチング閃石の結晶が見られる。 写真の黒色柱状の結晶がヘスチング閃石。その周囲の母岩はすべて塊状の灰鉄柘榴石。

産出鉱物

  • 灰鉄ざくろ石
  • 方解石
  • 石英
  • ヘスチング閃石
  • 鉄普通角閃石
  • 緑簾石

鉱物組み合わせ

  • 灰鉄石榴石 - ヘスチング閃石 - 石英
  • 灰鉄柘榴石 - 緑簾石
  • 方解石

沿革

  • 1930年頃(昭和初期): 鉱床が発見される。
  • 1941年(昭和16年): 採掘開始。
  • 1970年代: 研磨剤用に柘榴石を採掘。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.