TrekGEO > 化石を歩こう > 単体サンゴ

English page

単体サンゴ (スチョウジガイ)

Heterocyathus japonicus (Verrill)

千葉県(ちばけん)市原市(いちはらし)瀬又(せまた)

新生代 第四紀 更新世後期 (30万年前, 0.3 Ma)

分類

刺胞動物門, 花虫網, 六放サンゴ亜網, イシサンゴ目, チョウジガイ科, スチョウジガイ属

単体サンゴ

長さ10mm。巻貝の殻を覆う単体サンゴの化石。右のは、巻貝の上に付着して完全に覆ってしまった状態。 左のは、それの上にさらにフジツボが2個くっついている。 古東京湾の海洋性堆積物である、下総層群の更新世後期(30万年前, 0.3 Ma)の藪層の砂層より。

別産地の例

Copyright (c) 2014 NariNari, All Rights Reserved.