TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 三重県 > 白木

English page

白木(しらき)

三重県(みえけん)鳥羽市(とばし)白木町(しらきちょう)

産状

緑色片岩相の蛇紋岩

五ヶ所-安楽島構造線に沿って分布する蛇紋岩で、おそらく 付加コンプレックスである秩父帯北帯のペルム紀グアダループ世(2億7000万年前, 270 Ma)の沢谷ユニットに含まれる大規模な蛇紋岩ブロック。 ジュラ紀古世(2億年前, 200 Ma)に緑色片岩相から下部角閃岩相の変成を受けている。 蛇紋岩の原岩はダナイトおよびハルツバージャイトで、ウェッジマントルの一部である溶け残りかんらん岩と考えられている。 またこの蛇紋岩ブロックの起源は、前弧斜面の蛇紋岩海山が再堆積した堆積性蛇紋岩メランジュと考えられる。 堆積年代は放散虫化石、変成年代は白雲母のK-Ar放射年代による。

白木

沢谷ユニットの堆積岩と蛇紋岩の境界の露頭。中央から右の暗緑色の部分が蛇紋岩。 溝の左にある褐色の部分は砂岩や頁岩などの堆積岩。左下の白いブロックは、蛇紋岩中のロジン岩。 蛇紋岩は塊状ではなく、縦方向に片状の構造がわかるが、これはおそらく広域変成作用によるもの。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 蛇紋石 - あられ石
  • 蛇紋石 - 水苦土石 - アルチニ石
  • 蛇紋石 - ペクトライト - バニア石
  • ロジン石 - あられ石 - コーリング石 - スオルン石

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.