TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 埼玉県 > 折原

English page

折原(おりはら)

埼玉県(さいたまけん)大里郡(おおさとぐん)寄居町(よりいまち)折原(おりはら)

産状

緑色片岩相の蛇紋岩

白亜紀新世(7000万年前, 70 Ma)の高圧型の三波川変成作用により緑色片岩相の広域変成を受けた ジュラ紀新世(1億5000万年前, 150 Ma)から白亜紀古世(1億3000万年前)の付加コンプレックスに含まれる緑閃石を含む滑石片岩。 暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)には地表近くにあったと考えられている。 蛇紋岩が周囲の堆積岩の石英と反応して滑石が生成したと解釈できる。 またこの蛇紋岩ブロックの起源は、前弧斜面の蛇紋岩海山が再堆積した堆積性蛇紋岩メランジュと考えられる。 変成年代は白雲母のK-Ar放射年代による。

折原

三波川変成岩の滑石片岩と泥質片岩の露頭。上部の水平な片理が見えている黒い部分は、点紋泥質片岩。 水平な小規模な断層を介して、白色の滑石片岩が接している。滑石片岩の下には、再び泥質片岩がみられるが、 上部と異なり、もまれて細かく褶曲している。スケールのコインは右下。 炭酸塩鉱物を含まないこのような滑石片岩は、蛇紋岩と石英の反応で生じたと解釈できる。たとえば

Mg3Si2O5(OH)4 (蛇紋岩) + 4SiO2 → Mg3Si4O10(OH)2 (滑石) + H2O

産出鉱物

  • 透緑閃石
  • 滑石
  • クロム雲母
  • 曹長石

鉱物組み合わせ

  • 滑石 - 透緑閃石
  • 泥質片岩(母岩) - クロム雲母

産地

関連する産状

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.