TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 群馬県 > 榛名山二ツ岳

English page

榛名山二ツ岳(はるなさん ふたつだけ)

群馬県(ぐんまけん)渋川市(しぶかわし)伊香保町(いかほまち)伊香保(いかほ)

産状

火山砕屑物

6世紀中頃(1460年前, 1.46 ka)の二ツ岳第2火砕流中の安山岩質軽石に見られる鉱物。 二ツ岳第2火砕流は榛名火山の最新の噴火による榛名-伊香保テフラの一部で、二ツ岳溶岩ドーム付近から噴出した。 榛名火山は、更新世中期(40万年前, 0.4 Ma)から6世紀中頃(1460年前, 1.46 ka)までの活動が確認されている。

榛名山二ツ岳

二ツ岳第2火砕流の軽石層の露頭。コインより大きな中礫サイズの白色の火山礫が軽石。明灰色の礫もいくつか見えるが、 これは角閃石を斑晶に持つ安山岩。赤茶けた礫は、マグマによって同時に飛ばされた基盤岩の岩片で、高温の接触変成を受けている。

産出鉱物

  • 紫蘇輝石
  • 普通角閃石
  • 灰長石
  • 高温型石英

鉱物組み合わせ

  • 軽石(母岩) - 紫蘇輝石 - 普通角閃石
  • 安山岩(母岩) - 普通角閃石 - 灰長石
  • 基盤岩(母岩) - 高温型石英

産地

関連する産状

Copyright (c) 2013 NariNari, All Rights Reserved.