TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 織姫山

English page

織姫山(おりひめやま)

栃木県(とちぎけん)足利市(あしかがし)

産状

地下水沈殿

ペルム紀, シスウラリアン (2億8000万年前, 280 Ma)の層状チャートに見られる、しのぶ石の大規模なもの。 この層状チャートブロックは、前期 ジュラ紀 (1億8000万年前, 180 Ma)の大間々ユニット中に含まれる。 大間々ユニットは付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の舟伏山ユニットに相当する。堆積年代は放散虫化石による。

織姫山

樹枝状のリチオフォル石を伴う大間々ユニットの層状チャートの露頭。 灰白色の母岩は層状チャート、青みかかった黒い部分がリチオフォル石。 薄いものは、しのぶ石と呼ばれ、稀ではないが、ここのものは5mm以上の厚みを持っている。 近くにあるマンガン鉱床から移動して沈殿したと思われる。

産出鉱物

  • リチオフォル石

鉱物組み合わせ

  • チャート(母岩) - リチオフォル石

産地

Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.