TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 三重県 > 西行谷

English page

西行谷(さいぎょうだに)

三重県(みえけん)伊勢市(いせし)宇治館町(うじやかたちょう)

産状

蛇紋岩の酸化帯

付加コンプレックスである秩父帯北帯のジュラ紀中世(1億7000万年前, 170 Ma)の上吉田ユニットまたは 白亜紀古世(1億2000万年前, 120 Ma)の柏木ユニットに伴う御荷鉾緑色岩の蛇紋岩中のニッケル鉱床の酸化帯。 蛇紋岩が天水により酸化を受け、各種の含水炭酸塩鉱物が生成している。 御荷鉾緑色岩は秩父帯と三波川帯の境界部付近に見られるジュラ紀中世から白亜紀古世の付加コンプレックスの一部と思われ、 石炭紀から三畳紀の玄武岩質溶岩、玄武岩質凝灰角礫岩、凝灰岩、はんれい岩などからなる。 御荷鉾緑色岩の源岩は、海台や海山の苦鉄質火山岩類と超塩基性岩と考えられている。 蛇紋岩は、前弧斜面の蛇紋岩海山およびそれが再堆積した堆積性蛇紋岩の可能性もある。 白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)に三波川変成作用によるパンペリー石アクチノ閃石相の広域変成を受けている。 堆積年代はコノドント化石、変成年代は白雲母のK-ArまたはAr-Ar放射年代による。

西行谷

御荷鉾緑色岩の蛇紋岩の露頭。灰緑色の岩石が蛇紋岩。 左下の蛇紋岩表面に見られる白い皮膜は、水苦土石。

産出鉱物

  • 水苦土石
  • あられ石

鉱物組み合わせ

  • 蛇紋石 - 水苦土石 - あられ石
Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.