TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 茨城県 > 石灰山

English page

石灰山(いしばいやま)

茨城県(いばらきけん)笠間市(かさまし)本戸(もとど)

産状

ドロマイトスカルン

付加コンプレックスである八溝層群のジュラ紀新世(1億5000万年前, 150 Ma)の笠間ユニットに含まれる 石灰岩および苦灰岩ブロックが、暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)の稲田花崗岩による接触変成を受けたドロマイトスカルン鉱床。 笠間ユニットは、美濃-丹波-足尾帯の藪原ユニットに相当する。 稲田花崗岩はS型(チタン鉄鉱系列)で、花崗岩までの距離は約1km。接触変成の末期の低温熱水による鉱物が見られる。 堆積年代は放散虫化石、花崗岩の年代はK-Ar放射年代による。

石灰山

笠間ユニットのドロマイトスカルンの露頭。ベースの灰色の部分は再結晶したドロマイト。 その表面に張り付いてる白色の皮膜は、セピオ石。このセピオ石は脈状で見られ、その脈に沿って割れた面。 スカルン生成の末期に、割れ目に沿って流れた低温の熱水により生成したと考えられる。

産出鉱物

  • 方解石
  • 苦灰石
  • 珪灰石
  • 透輝石
  • 透閃石
  • 苦土かんらん石
  • 蛇紋石
  • セピオ石
  • 金雲母
  • スピネル
  • 斜ヒューム石
  • 苦土電気石

鉱物組み合わせ

  • 方解石 - 苦灰石 - セピオ石
  • 方解石 - 珪灰石 - 石英
  • 苦灰石 - 透輝石 - 透閃石
  • 苦灰石 - 苦土かんらん石 - 蛇紋石 - 斜ヒューム石
  • ホルンフェルス(母岩) - 苦土電気石
Copyright (c) 2013 NariNari, All Rights Reserved.