TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 茨城県 > 平町

English page

平町(たいらまち)

茨城県(いばらきけん)笠間市(かさまし)平町(たいらまち)

産状

ランプロファイア

付加コンプレックスである八溝層群のジュラ紀新世(1億5000万年前, 150 Ma)の 笠間ユニットを貫くランプロファイア中の斑晶鉱物。 このランプロファイアは、スペサルタイトに分類される。 数十m離れた所には暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)の稲田花崗岩が貫入しており、ランプロファイアと 笠間ユニットは接触変成を受けている。 稲田花崗岩は暁新世、笠間ユニットはジュラ紀末なので、ランプロファイアは白亜紀だと考えられる。 稲田花崗岩は、S型(チタン鉄鉱系列)。 笠間ユニットは、美濃-丹波-足尾帯の藪原ユニットに相当する。 堆積年代は放散虫化石、花崗岩の年代はK-Ar放射年代による。

平町

笠間ユニット中のランプロファイアの露頭。ハンマー付近の層状の構造が見える部分が堆積岩中に入ったランプロファイアの岩脈。 このランプロファイアは主に角閃石と斜長石より成り、スペサルタイトに分類される。 数十m以内に花崗岩が見られ、それにより熱変成を受けている。この岩脈の周囲の堆積岩もホルンフェルスになっている。

産出鉱物

  • 鉄普通角閃石

鉱物組み合わせ

  • 鉄普通角閃石 - 斜長石
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.