TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 長野県 > 横河川

English page

横河川(よこかわがわ)

長野県(ながのけん)岡谷市(おかやし)今井(いまい)

産状

熱水交代を受けたマグマ鉱床

白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)の高圧型変成岩である三波川変成岩と、 横河川層の中新世前期(2000万年前, 20 Ma)の棚小場泥岩部層の境界に見られる蛇紋岩。 中新世中頃(1500万年前, 15 Ma)の石英閃緑岩および安山岩岩脈により、熱水変質を受けている。 石英閃緑岩はI型(磁鉄鉱系列)で、熱源の石英閃緑岩および安山岩岩脈までの距離は約500m。 蛇紋岩と棚小場泥岩部層の泥岩は、熱水変質により珪化変質を受けている。 この蛇紋岩の見られる三波川変成岩と横河川層の境界は、中央構造線の一部と考えられている。 堆積岩の年代は放散虫化石による。

横河川

熱水変質を受けた蛇紋岩の露頭。非常に黄色い蛇紋岩で、地元では「黄粉(きなこ)石」と呼ばれる。 この蛇紋岩体の東側は三波川変成岩、西側は中新世の堆積岩で、四国から600km以上も追跡される中央構造線の一部であり、地質学的にも重要な露頭。

産出鉱物

  • リザード石
  • 含ニッケル磁硫鉄鉱
  • 磁鉄鉱
  • クロム鉄鉱
  • 菫泥石
  • あられ石
  • 苦灰石
  • ペクトライト

鉱物組み合わせ

  • リザード石 - 含ニッケル磁硫鉄鉱 - 磁鉄鉱
  • リザード石 - クロム鉄鉱 - 菫泥石
  • リザード石 - あられ石 - ペクトライト
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.