TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 東京都 > 神谷鉱山

English page

神谷鉱山(しんたにこうざん)

東京都(とうきょうと)あきる野市(あきるのし)養沢(ようざわ)

産状

低温沸石相の層状マンガン鉱床

付加コンプレックスである秩父帯南帯のジュラ紀古世(1億8000万年前, 180 Ma)の大平山ユニットに含まれる泥岩中の層状マンガン鉱床。 白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)に三波川変成作用による弱いぶどう石パンペリー石相から沸石相の広域変成を受けている。 母岩の泥岩は、ジュラ紀古世(1億8000万年前, 180 Ma)のもの。 堆積年代は放散虫化石、変成年代は白雲母のK-ArまたはAr-Ar放射年代による。

神谷鉱山

坑口付近の大平山ユニットの泥岩の露頭。 この付近は、厚い砂岩と層厚10m程度の薄いチャートからなり、砂岩とチャートの間にごく薄い泥岩が見られる。 その泥岩の中に、マンガン鉱床が見られる。砂岩-泥岩-チャートは、一連の堆積サイクル。 関東山地では、マンガン鉱床は通常チャート中に見られるが、ここは泥岩を母岩とする特異な鉱床。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • カリオピライト - 菱マンガン鉱 - 石英
  • ハウスマン鉱 - 菱マンガン鉱 - サセックス石
  • カリオピライト - 菱マンガン鉱 - 重晶石?
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.