TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 東京都 > 舘谷

English page

舘谷(たてや)

東京都(とうきょうと)あきる野市(あきるのし)舘谷(たてや)

産状

水底の沈澱物

中新世前期(1900万年前, 19 Ma)の小庄層の砂泥互層の堆積時に、海底表面付近で生成した鉱物と考えられるもの。 小庄層は600m以上の深海性の堆積物。小庄層は礫岩からなる幸神層を整合で覆い、泥岩の舘谷層に整合で覆われる。 堆積年代は貝化石と微化石による。

舘谷

小庄層の泥岩中に見られる玄能石。コインの右側に明灰色で見えているのが玄能石。 2つの長い両錐状の結晶が組み合わさって、X字状になっている。原鉱物の双晶かもしれない。 コインの乗っている平坦面は泥岩の層理面で、砂泥互層の泥岩と砂岩の境界にあたる。 玄能石は、この層理面に平行からやや斜めに成長していることが分かる。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 玄能石

産地

  • 舘谷 (玄能石)
  • 越戸 (玄能石)
  • 伊勢山 (玄能石)
  • 寺泊 (玄能石)
  • (メタンハイドレート)

関連する産状

Copyright (c) 2020 NariNari, All Rights Reserved.