TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 岐阜県 > 金城鉱山

English page

金城鉱山(きんじょうこうざん)

岐阜県(ぎふけん)山県市(やまがたし)柿野(かきの)

産状

中高温熱水スカルン鉱床

付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯のジュラ紀中世(1億7000万年前, 170 Ma)の那比ユニットに 貫入した暁新世前期(6500万年前, 65 Ma)の高賀花崗岩によって生成されたスカルン。 スカルンに伴う中温熱水鉱床は、奥美濃流紋岩類の石英斑岩および花崗閃緑斑岩の弧状岩脈により形成された。 酸化帯では砒酸塩の二次鉱物を豊富に産する。 高賀花崗岩はI型(磁鉄鉱系列)で、高賀花崗岩までの距離は約1km。 硫化物鉱床は、石英斑岩および花崗閃緑斑岩の弧状岩脈と接している。 石灰岩は、おそらくペルム紀(2億7000万年前, 270 Ma)のもの。 弧状岩脈と高賀花崗岩は、白亜紀の洞戸カルデラ複合岩体を構成すると考えられている。 堆積年代は放散虫化石、花崗岩の年代はK-Ar放射年代による。

金城鉱山

那比ユニットのスカルンの露頭に開いた坑口。 この付近には変成を受けていないペルム紀の石灰岩の露頭が見られる。 付近のズリでは、二次鉱物が豊富に見られるが、ヒルもたくさんいる。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 黄銅鉱 - チロル銅鉱
  • 黄銅鉱 - アダム石 - オリーブ銅鉱

沿革

  • 江戸時代に発見。
  • 1850年頃(明治初期): 石神某が採掘。
  • 1910年頃(明治末): 簡野某が採掘。
  • 1914年(大正3年): 休山。
Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.