TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 茨城県 > 花園渓谷

English page

花園渓谷(はなぞのけいこく)

茨城県(いばらきけん)北茨城市(きたいばらきし)関本町(せきもとちょう)才丸(さいまる)

産状

深層型ペグマタイト

ジュラ紀古世(1億8000万年前, 180 Ma)の付加コンプレックスが変成した竹貫変成岩の片麻岩に 貫入した白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)の田人岩体の花崗岩に伴うペグマタイト。 竹貫変成岩は、白亜紀古世(1億1000万年前, 110 Ma)に中圧型の竹貫変成作用による角閃岩相からグラニュライト相の広域変成を受けている。 田人岩体はS型(チタン鉄鉱系列)で、竹貫変成岩の部分溶融によって生じたミグマタイトが起源だと考えられている。 堆積年代は放散虫化石、竹貫変成作用の年代はジルコンのU-Pb SHRIMP年代、花崗岩の年代は角閃石と黒雲母のK-Ar年代による。

花園渓谷

田人岩体の花崗岩質ペグマタイトの露頭。 灰色ガラス光沢の部分は石英、淡褐の部分は長石。黒い部分は、電気石の断面。 このペグマタイトは、竹貫変成岩の黒雲母片麻岩の片理を切って、1mくらいの幅の脈として見られる。

産出鉱物

  • 鉄電気石
  • 鉄ばん石榴石
  • 黒雲母

鉱物組み合わせ

  • 石英 - 長石 - 黒雲母 - 鉄ばん石榴石
  • 石英 - 長石 - 黒雲母 - 鉄電気石
Copyright (c) 2014 NariNari, All Rights Reserved.