TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 山梨県 > 中屋敷

English page

中屋敷(なかやしき)

山梨県(やまなしけん)南巨摩郡(みなみこまぐん)身延町(みのぶちょう)中ノ倉(なかのくら)

産状

ぶどう石パンペリー石相の変成岩

中新世前期(1600万年前, 16Ma)の西八代層群古関川累層の玄武岩質から安山岩質のハイアロクラスタイトが 芦川石英閃緑岩によりぶどう石パンペリー石相の変成を受けたもの。 芦川石英閃緑岩はI型(磁鉄鉱系列)で、中新世中頃(1200万年前, 12 Ma)の貫入。 玄武岩と安山岩は、ソレアイトからアルカリ岩。過去の伊豆-小笠原弧の背弧海盆の堆積物との解釈がある。 熱源の石英閃緑岩までの距離は約8km。堆積年代は微化石、石英閃緑岩の年代は黒雲母と角閃石のK-Ar放射年代による。

中屋敷

古関川累層のハイアロクラスタイトの露頭。 褐色の母岩が、ぶどう石パンペリー石相の変成を受けたハイアロクラスタイトで、方解石、ぶどう石、ダトー石、濁沸石などの脈を伴う。 この露頭写真の白い脈は方解石だが、銅が含まれている。コインの右側の緑色の部分は、銅から導かれた孔雀石。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 方解石 - 銅
  • 方解石 - 濁沸石
  • ぶどう石 - ダトー石
Copyright (c) 2013 NariNari, All Rights Reserved.