TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 長野県 > 入笠山

English page

入笠山(にゅうかさやま)

長野県(ながのけん)諏訪郡(すわぐん)富士見町(ふじみまち)富士見(ふじみ)

産状

パンペリー石アクチノ閃石相の高圧型変成岩

付加コンプレックスである秩父帯北帯の御荷鉾緑色岩中の変成した玄武岩質凝灰岩に見られる鉱物。 御荷鉾緑色岩は秩父帯と三波川帯の境界部付近に見られるジュラ紀中世から白亜紀古世の付加コンプレックスの一部と思われ、 石炭紀から三畳紀の玄武岩質溶岩、玄武岩質凝灰角礫岩、凝灰岩、はんれい岩などからなる。 御荷鉾緑色岩の源岩は、海台や海山の苦鉄質火山岩類と超塩基性岩と考えられている。 白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)に三波川変成作用によるパンペリー石アクチノ閃石相の広域変成を受けている。 堆積年代はコノドント化石、変成年代は白雲母のK-ArまたはAr-Ar放射年代による。

入笠山

パンペリー石アクチノ閃石の変成を受けた御荷鉾緑色岩の玄武岩質凝灰岩の露頭。 灰緑色、塊状の母岩は、玄武岩質凝灰岩。暗緑色の斑点が見られるが、これはクリノクロアの結晶の集合。 クリノクロアは、脈状になっている部分もある。

産出鉱物

  • クリノクロア
  • 緑簾石

鉱物組み合わせ

  • クリノクロア
  • 石英 - 緑簾石
Copyright (c) 2014 NariNari, All Rights Reserved.