TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 栃木県 > 名草

English page

名草(なぐさ)

栃木県(とちぎけん)足利市(あしかがし)名草上町(なぐさかみちょう)

産状

角閃石ホルンフェルス相の接触型変成岩

ジュラ紀古世(2億年前, 200 Ma)の頁岩が足利花崗閃緑岩の貫入により角閃石ホルンフェルス相の接触熱変成を受け、 ホルンフェルス化したもの。紅柱石が生成している。 この頁岩は、ジュラ紀中世(1億7000万年前, 170 Ma)の黒保根-桐生ユニットのマトリックス。 黒保根-桐生ユニットは、付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯の金山ユニットに相当する。 足利花崗閃緑岩はS型(チタン鉄鉱系列)で、白亜紀新世(8500万年前, 85 Ma)の貫入。 熱源の足利花崗岩までは約100 m。堆積年代は放散虫化石、花崗閃緑岩の年代は黒雲母のK-Ar放射年代による。

名草

黒保根-桐生ユニットのマトリックスである泥岩が角閃石ホルンフェルス相の変成を受けて形成された紅柱石ホルンフェルスの露頭。 黒色の露頭が紅柱石ホルンフェルスで、平らな片理の面が見えている。 紅柱石は写真では見えないが、淡紅色透明で、片理に沿って並んでいる。

産出鉱物

  • 紅柱石
  • 黄鉄鉱

鉱物組み合わせ

  • ホルンフェルス - 紅柱石 - 黄鉄鉱
Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.