TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 岐阜県 > 市谷那木鉱山

English page

市谷那木鉱山(いちやなぎこうざん)

岐阜県(ぎふけん)中津川市(なかつがわし)蛭川(ひるかわ)

別名

一柳鉱山(いちやなぎこうざん), 遠ヶ根鉱山(とおがねこうざん)一柳坑(いちやなぎこう)

産状

気成鉱床

流紋岩質からデイサイト質の溶結凝灰岩からなる白亜紀新世(7500万年前, 75 Ma)の濃飛流紋岩と、 それに貫入した白亜紀新世(7000万年前, 70 Ma)の苗木-上松花崗岩の境界に見られる気成鉱床。 濃飛流紋岩は白亜紀の恵那カルデラの火砕流堆積物で、苗木-上松花崗岩は恵那カルデラの深成岩。 苗木-上松花崗岩は、S型(チタン鉄鉱系列)。 火成岩の年代はジルコンのフィッショントラック年代による。

市谷那木鉱山

濃飛流紋岩中の、砒鉄鉱を含む石英脈の露頭。 脈は高度が低い方が太く、上に行くに従って細くなり、数十m程度追うことができる。高度が低い部分は鉄重石に富み、 次に砒鉄鉱、上に行くと鉄重石は見られなくなり、トパズ・シデロフィライトなどのグライゼンに特徴的な鉱物が見られるようになる。 写真の脈幅は数十cmに達し、粗い砒鉄鉱と鉄重石よりなり、少量の石英を含む。 まわりの母岩はグライゼン化してとても硬い。脈と母岩の境界付近には特に構造は認められない。 右下のシワがよったように見える部分は風化によって表面に生成したスコロド石の皮膜。

産出鉱物

鉱物組み合わせ

  • 砒鉄鉱 - 石英 - 亜砒藍鉄鉱 - スコロド石
  • 砒鉄鉱 硫砒鉄鉱 - 石英 - 鉄重石
  • 石英 - 鉄リチア雲母 - トパズ

概要

すぐ隣の遠ヶ根鉱山の支山として試掘された程度らしい。

Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.