TrekGEO > 鉱物を歩こう > 甲信越地方 > 長野県 > 諏訪鉱山

English page

諏訪鉱山(すわこうざん)

長野県(ながのけん)茅野市(ちのし)北山(きたやま)

産状

沼鉄鉱鉱床

更新世中期(13万3000年前, 133 ka)の蓼科高原溶岩の上に、 鉄と硫酸イオンに富む温泉から沈澱した針鉄鉱-鉄明礬石鉱床で、いわゆる沼鉄鉱。 一部では現在も生成中。 蓼科高原溶岩は、八ヶ岳火山の噴出物。 温泉水中の鉄イオンが鉄バクテリアにより固定されて針鉄鉱が生成したと考えられている。

諏訪鉱山

針鉄鉱-鉄明礬石鉱床の露頭。いわゆる沼鉄鉱鉱床。茶色の部分はスポンジ状の針鉄鉱。 黄色が強い部分は鉄明礬石が多い。針鉄鉱中には、しばしば植物の印象化石が含まれる。

産出鉱物

  • 針鉄鉱
  • 鉄明礬石
  • カコクセン石
  • コニンク石
  • ストレング石
  • ティンティク石

鉱物組み合わせ

  • 針鉄鉱 - 鉄明礬石
  • 針鉄鉱 - カコクセン石
  • 針鉄鉱 - コンニク石
  • 針鉄鉱 - ストレング石
  • 針鉄鉱 - ティンティク石

沿革

  • 1940-1945年(昭和15-20年): 第二次世界大戦中に鉄を採掘。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.