TrekGEO > 鉱物を歩こう > 関東地方 > 埼玉県 > 大平山

English page

大平山(おおびらやま)

埼玉県(さいたまけん)入間郡(いるまぐん)毛呂山町(もろやままち)

産状

パンペリー石アクチノ閃石相の層状マンガン鉱床の酸化帯

付加コンプレックスである秩父帯北帯の白亜紀古世(1億3000万年前, 130 Ma)の柏木ユニットに含まれる チャートブロック中の層状マンガン鉱床。 白亜紀新世(1億年前, 100 Ma)に三波川変成作用によるパンペリー石アクチノ閃石相の広域変成を受けている。 チャートは、ペルム紀グアダループ世(2億7000万年前, 270 Ma)かジュラ紀新世(1億4500万年前, 145 Ma)のもの。 堆積年代は放散虫化石、変成年代は白雲母のK-ArまたはAr-Ar放射年代による。

大平山

坑口付近の柏木ユニットの層状チャートの露頭。 層理ははっきりしており、表面は酸化マンガンで黒くなっている。 はっきりした記録は残っていないが、明治時代に採掘されたものの、鉄含有量が多いので放棄されたらしい。

産出鉱物

  • 二酸化マンガン
  • カリオピライト
  • グリーナ石
  • 菱マンガン鉱

鉱物組み合わせ

  • カリオピライト - グリーナ石 - 菱マンガン鉱

沿革

  • 明治時代前後(1800年代末から1900年代初頭頃): 採掘
Copyright (c) 2016 NariNari, All Rights Reserved.