TrekGEO > 鉱物を歩こう > 東海地方 > 岐阜県 > 一反田鉱山

English page

一反田鉱山(いったんだこうざん)

岐阜県(ぎふけん)美濃加茂市(みのかもし)三和町(みわちょう)廿屋(つづや)

産状

曹長石緑簾石ホルンフェルス相の層状マンガン鉱床

付加コンプレックスである丹波-美濃-足尾帯のジュラ紀中世(1億6500万年前, 165 Ma)の 上麻生ユニットに含まれる三畳紀新世からジュラ紀中世(2億3000万年-1億6500万年前, 165-230 Ma)のチャートブロック中の層状マンガン鉱床。 ネオトス石を主要鉱とする比較的めずらしいタイプ。おそらく曹長石緑簾石ホルンフェルス相の接触変成を受けている。 堆積年代は放散虫化石による。

一反田鉱山

上麻生ユニットの層状チャートに開いている坑口。鉱石は単純でネオトス石以外はほとんどみられない。 ネオトス石は、かつてペンウィス石と記載されていた。

産出鉱物

  • ネオトス石
  • 菱マンガン鉱

鉱物組み合わせ

  • 石英(母岩のチャート) - ネオトス石 - 菱マンガン鉱

沿革

  • 1940年(昭和15年): 地元の人が鉱床を発見。
  • 1950年(昭和25年): 地元の人が二酸化マンガン鉱の採掘を開始。
  • 1955年(昭和30年): 休山。
  • 1962年(昭和37年): 炭酸マンガン鉱の採掘を開始。
Copyright (c) 2015 NariNari, All Rights Reserved.