[ トップ ] [ English ]

蒼鉛 (写真), ビスマス

そうえん

Bismuth

発見年: 1753年 (ドイツ, Schneeberg地域), 1892年 (日本)

産地リスト: 蒼鉛の産地 (180ヶ所)

語源: ドイツ語のweisse masse (白い塊)から、wismuth、bismuthと変化。

別名: 自然蒼鉛 (しぜんそうえん), ネイティブ ビスマス (Native Bismuth)